吉住の芝田

ううん

いやあ、アカンね。漸く、2-0でアウエーゴールを二つゲットして、これで、TOPの2戦眼は、ラクラク張り合えることができると思ったが、そこから、3失点して、大立て直し失態ですからね。まさに、2戦眼のTOPで、1-0、2-1のアクセント開き繁栄でアリなんで、大して著しい状況ではありませんが、何とか、2-0まで行ったのだから、せめて、勝たないとね。惜しいよね。3面眼を取って、あちらの戦闘興奮をそぐこともできたし、アウエーゴールを二つ取ることができたのだから、非常に勿体ないコンペティションでしたね。こういう2面開き率先の状態で、勝つために、守備重視するのか、それとも、3面開きにするために、攻撃するのか、きっぱりしなかったのも、ちょいでしたし、山田暢久と、坪井が、怪我で道中撤退してしまった、不幸ありましたが、それにしても、立て直しまでなることに、なるとはね。幾らか遊び戦略の粗相なのか、あちらを讃えるのか、どうして??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です